スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限られた「時間」をリーン(lean)に

昨日、元船井総合研究所出身の某代表取締役の講演を拝聴していたところ、船井流経営術として知られる「圧縮付加法」の話がありました。
「圧縮付加法」とは、店の棚に置かれている商品やスタッフの数を減らすことなく、売り場面積を減らし、店内の商品密度を高める事によって、店舗売り上げを上昇させる手法。更には空いたスペースにバリューの高い商材を付加することによって、売り場面積当たりの売上を飛躍的に向上させるのだとか。



「圧縮付加法」は、船井総合研究所が意図するものは違うかと思いますが、「時間」と「パフォーマンス」にも当てはめて考える事が出来ると思います。


仕事をしていると洪水のように押し寄せてくるタスクに囲まれ、時間に追われているような毎日を過ごすことが少なからずあるかと思います。PEP研修などを受講し、いくら時間管理を徹底しても時間の絶対量が増えるわけではないので、「時間対投資効果」を上げる事は多くのビジネスマンにとって、一生つきまとう課題なんだと思います。


しかしながら、逆説的ではありますがそのようなキャパオーバーな状態こそが、実は一番成長性の高い環境なのではと思うのです。「圧縮付加法」が店舗の面積を圧縮、商材を付加し、面積当たりの売り上げを向上させるように、人にとって大事な「資産」である「時間」に対する「パフォーマンス」を圧縮し、余剰時間に新たな価値あるアクションを入れ込む事によって、時間あたりのパフォーマンスを向上させることが出来ます。



最初は、キャパオーバーに感じ頭の中がスパゲッティー状態でも、いずれは経営学のエクスペリエンス・カーブ(経験曲線)が示すように生産性が向上していくのです。



従って、常時多少キャパオーバーにある状況こそが、「成長」とう観点においては最も適正な状態だと言えるのではないでしょうか。


人生という限られた「時間」の中で幸せに生きるために、時間を圧縮(≒Lean)し、余剰に生じた時間を価値ある行動に投下していきたいと思います。より良い世界を創るために。
スポンサーサイト

マッキンゼー社7つのSとは

大前研一氏が在籍していたことでも知られている、世界最高峰コンサルティングファームのマッキンゼー社。
(実は僕も2年前に受け、2次試験で玉砕された経験があるというのはここだけの話)
企業に対して的確な戦略立案をし、考えられないほど高額なフィーを生み出しているのが彼等。
高額なフィーの裏側には、フレームワークから市場分析、クライアントとなる企業の自社分析、競合分析を他者の追随を許さないほど徹底的におこなっている。
聞いた話によると、こんな話も。マッキンゼー社のとあるコンサルタントがクライアントへ提案したアドバイスフィーに対して1億円を要求した。それはあまりに高額だとクライアント企業の代表取締役が物申したところ、そのコンサルタントは自信満々に『私は、世界中で誰よりも御社のことを知っている。その私が提示した提案に対するフィーとしては妥当なはずだ』と言ったとか。

そして、戦略型コンサルティングファームの中でもトップを争うマッキンゼー社で長年教え継がれているフレームワークの一つが『7つのS』。
7つのSは以下3つのハードSと、4つのソフトSで構成されている。

■3つのハードS
①組織(Structure): 組織の形態をどうすべきか、権限分掌をどう図るか。
②戦略(Strategy):事業の競争優位性を維持・確保するための強みは何か。
③社内のシステム(System):情報伝達のプロセスや報告様式は何を重視するか。

■4つのソフトS
④人材(Staff):優れた人材を採用、教育し、適材適所の仕事を任せているか。
⑤スキル(Skill):戦略遂行に必要な専門技術を持っているか。
⑥経営スタイル(Style):従業員が共通の発想と行動スタイルを持っているか。
⑦価値観(Shared Value):従業員が同じ価値観や使命を共有しているか。

3C分析をする際、必ずこの7つのSと整合性をとり戦略を立案しなければ、所詮は絵に描いた餅。マッキンゼー社の強みは圧倒的な分析力と、7つのフレームワークを用いた高い整合性にあるのでは無いかと思う。

私自身コンサルタントとして、ヒアリングをする際にはこの7つのSを導くための質問を展開し、クライアントの根源的な課題を抽出しなければいけないと感じる。
価値はどこにあるのか。

プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。