スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略プロフェッショナル

非常にためになる本を拝読させていただいたので、備忘録の意も込めて本エントリを書きます。
戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
(2002/09)
三枝 匡

商品詳細を見る

以前BCGに所属し、スタンフォード大学にてMBAを取得した著者が手掛けたとある戦略的経営プロセスを、小説風なストーリー展開で書き上げた本作。
随所に散りばめられた学びに読み終えて感動を覚えました。

本作は、経済小説では主流の史実の固有名詞を変えることによって、ほとんど現実と同じ物語を提供してくれています。
物語の主人公である広川氏は、いまいち売れ行きの良くない商品に戦略的アプローチを仕掛け、最終的には市場独占状態にまで成長させます。

その際の戦略アプローチは、以下のような順序に沿って行われたかと思います。

1.市場の現状把握
2.問題点の発見
3.改善策の提案
4.具体的実行プランの作成
5.行動&進捗管理


1.市場の現状把握
お医者様は患者さんが来院した際、必ず最初に診察&ヒアリングをします。
それは、患者さんの現状を把握し、次段階の問題点の発見精度を上げるためです。
これと全く同じ事がターンアラウンド・マネージメントをする際においても言えるのです。

2.問題点の発見
状況把握のための情報が整った後には、適切な処方箋を提供するために問題の箇所を検索します。
その際、漏れやダブりのないように3Cや4Pなどのロジカルフレームワークを用い、常にSo what?、Why so?に答えられるようなロジックツリーを立てていきます。
決して、固定観念にとらわれる事無く。

3.改善策の提案
判明した問題を解決するべく、戦略的改善策をたてます。
重要な点は、時間と資本という有限な資源がある手前、効率的に生産的に取り組める策を立てることです。
絞り集中
アプローチするにあたって、一番効果的なターゲットから攻撃を仕掛けるためには市場をセグメンテーションすることが必要不可欠です。
逆に言うと、どこを捨てるのかを決めるのが、主に2×2のマトリックスで表す市場セグメンテーションの役割です。

4.具体的実行プランの作成
1~3までで確立された改善策を具体的な実行プランに落とし込みます。
市場をセグメンテーションしたことによって明らかとなった最優位度のセグメントに対して、集中的に営業マンを投下することによってシェアを獲得していきます。

5.行動&進捗管理
今まで立てた戦略は、行動するためのものです。
戦略だけたて行動することが出来なければ、しょせん絵に描いた餅。
その為には、進捗管理をどのように行うかが大事になります。
特には、新規訪問アプローチの進捗状況をどのように数値化し、管理するか。
本書では、進捗状況をアルファベットでコード化していました。(未訪問:F、一回訪問:E...納品:A)



本書を通して、経営戦略がいかに効果的なのか改めて実感することが出来ました。
かのカルロス・ゴーン氏が日産を再生させたように、戦略次第でシェア拡大を図ることは可能です。

そして1番大事なのは、経営者にしろ管理職、バックオフィス、フロントオフィス関係なく、皆が経営者になったつもりで仕事に取り組むことだと思います。
それがいわゆる”プロ”なんだと思います。

スポンサーサイト

プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。