スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年間総括&2012年の目標

今年も残すは後僅かとなりました。
一年の締めくくりというのは、年間の軌跡を振り返り、改めて航海の軌道修正をする大事な機会です。
一年の総括、来年の抱負をたてることなく生活をするのは、羅針盤を持たずに航海へ出るのと同じです。
毎年同様、今年も年間総括、来年の抱負をこの場を借りておこなおうと思います。

1.年始の目標に対する結果報告
2011年の抱負で宣言した>ように、今年は以下のような目標を立てていました。以下、包み隠さず結果報告いたします。

・読書:年間100冊以上 ( P25,000以上)
達成率50%。年の半ばまではいいペースで読めていたのですが、途中から英語の勉強に費やす時間を増やした結果、目標には至りませんでした。なお、洋書を年間16冊読めたのは大きな進歩だと自負しております。
→年間50冊(うち、洋書16冊)

・Study English:TOEIC700点オーバーを目指す。(2月と11月に受験予定)
達成率90%。まだまだ勉強が足りません。当面、2012年1月の試験で700超えを目論んでおります。
→5月;435
→7月;540
→11月;615

・スポーツ:2月に神奈川ハーフ、秋or冬にフルマラソン出走。~週に3回ラン(月間100キロ)、ハーフ1時間30分切り、10キロ40分切り、脂肪率1桁台。
達成率70%。年の後半は怪我に悩まされました。しかし、脂肪率は着実に一桁台へと近づいております。来年トライアスロン完走にむけて引き続きトレーニングを行います。

・とにかく人と接する
達成率120%。今年はかなり多くの方々とお会いすることが出来た年でした。コリランの開催、ろんけん主催(途中座礁)、国際交流パーティーの開催、多種多様なセミナーへの参加、The Ecnomistを読む会への参加、「働きながら社会を変える」販促プロジェクトへの参画・・・。人々との出会いから新たな見地を得ることが出来ました。今年1番の成果ではないかと考えております。本から学べないことを人から学べるのだと気付くことが出来ました。


2.2012年の目標
2011年は基礎をもう一度固め、大きく羽ばたこうと目論んでおりましたが、結果的には基礎の重要性を更に知り、羽ばたくにまでは至らなかった年でありました。その為、来年こそは必ず「 TAKE OFF」できる年にしたいと考えております。キーワードはプロフェッショナルグローバルです。以下、具体的なアクションプランを列挙致します。来年こそは全て達成率100%超えを成し遂げたいところです。

①プロフェッショナルとしての意識を常に持つようにし、必要な知見を徹底的に叩き込む。
・The economist毎週購読
・年間100冊読破(なお、無駄に思える本は一切読まず、MBA教材本や、Googleオススメ本、長きに渡り世界的に読み継がれている本のみを読むようにする)


②グローバルに活躍できるビジネスパーソンになる準備する。
・TOEICスコア900点獲得
・毎日英語で日記を書く。(短くても良しとする。継続にこそ意義がある。)
・ブログを週1ペースで書き続ける。

③イベントや、コミュニティ運営を次の段階へと進ませる。
・コリランの運営改善
・100名規模のイベントを開催
・定期的に質の高い勉強会へ参加(勉強会の水準は主催者以上には至らないため、次主催する勉強会の水準を高めるためにも質の高い勉強会へ参加し、そのメゾットを学ぶ)

④趣味を高い水準に
・トライアスロン(オリンピックディスタンス)完走 ※一緒に切磋琢磨する仲間募集中!現在私を含め2名
・ギターを再開する。
・年内に1人バックパッカーの旅に出る。最低1週間以上。 候補地:インド、中国、フィリピン、カンボジア


3.1年間ありがとうございました!
今年も多くの方々に支えられ、今日まで歩んでくることが出来ました。本当に周りの方々に恵まれていると常日頃考えております。色んなイベントを一緒に開催してくれた方々、貴重な時間を割いお話してくださった方々、悩み相談に乗ってくださり、アドバイスを下さった方々、そしてブログを読んで下さった方々。
本当に1年間ありがとうございました!
また来年からも少しずつではありますが、自身を成長に導き、社会に何かしら還元出来るよう努めてまいりますので、どうか温かく見守って下さい。来年もどうぞよろしくお願い致します!

Keep walking!!!
スポンサーサイト

プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。