スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの好きな映画ベスト3は?

”あなたの好きな映画ベスト3は?”
”あなたの好きな本ベスト3は?”


これは私が大好きな質問です。なぜならば一見何の変哲もない質問ではありますが、その人のパーソナリティを如実に表す答えが返ってくるからです。あえて1作だけでなく3作挙げていただく事によって、無意識に作品の性質バランスをとり、自分がどういったことに興味を持っているか示そうとしてくれます。特に、3番目に挙げる作品はその時々年齢や環境、精神状況によって様変わりするので非常に興味深いのです。

もちろん、私もベスト1、2に対する答えを常に用意しています。

その中の一つが、映画"The pursuit of happiness"(幸せのちから)

The Pursuit of Happyness - 映画ポスター - 11 x 17The Pursuit of Happyness - 映画ポスター - 11 x 17
()
Punt Dog Posters

商品詳細を見る


俳優ウィルスミスが実の息子と共演したことでも有名な本作。実在する実業家、Chris Gardner(クリス・ガードナー:Gardner Rich & Co社の創設者で現在CEO)の半生を描いた作品です。私はこの映画が大好きで何度も観ています。そして、必ずクライマックスのシーンでは涙を流しています。

事業に失敗し、妻は去り、住む家まで無くしたクリスは息子とホームレス生活を送りながら、ウォール街でアメリカンドリームを手にするべく、とある株式ブローカー養成プログラムに参加することとなります。
しかし、半年間にわたるプログラム期間中は無給での生活となり、書類、面接をパスした20名の精鋭の中から、養成期間終了後本採用となるのはたったの1人だけ。

周囲のライバル達が夜遅くまで与えられた課題をこなす中、クリスは教会の宿予約のために早くに退社せざるおえない。更には、息子のクリストファーを保育園に預けるお金が無いため、日銭を稼ぐ医療器械のセールスも常に一緒に行動するしかなかったのです。

このような想像しがたいほど過酷な環境の中、クリスは夢を諦めず必ずできると信じ、見事トップ成績をマークしたった一つだけ用意されていた本採用の枠を手にするのです。


本作のタイトルとしても引用されている、アメリカ独立宣言におけるPursuit of happiness(幸せの追求)
作中でクリスは、何故”追求”といった言葉をつけたのか?と自らに問いかけます。

そう、幸せは追い求めるものなのですね。

この映画を観ると、夢を信じいつまでも追求すれば必ずや達成できるといった強い勇気をもらえます。
大事なのは、信じぬく強い心と、愚直に重ねる努力なんだと。

The pursuit happinessは、私の人生に勇気を与えてくれるOne of my favorite movieです。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。