スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マラソン2013を終えて〜敵は己のみ

よく人に「なんで走るの?」とか、「走っていて何が楽しいの?」と不思議がられます。

僕はまだまだランナーとしては大した事はないのですが、確かに年間通して、ハーフマラソン、フルマラソン、トライアスロンなど数多くの大会に出場しているし、習慣的なトレーニングもかかさず行っています。

先日行われた東京マラソンでは、途中32キロ地点から足を壊し、痛みに耐えながら残り10キロ、歯を食いしばって走りきりました。

一体何がそこまで「走る」に向かわせるのでしょうか?


話は先日の東京マラソンに戻るのですが、32キロ地点で足を壊した僕は、立っているのもままならない激痛に教われていました。幸いにも、チョッパーの被り物のお陰で多くの沿道のお客さんから声援を頂いていましたが、それでも痛みと疲労に変わりはなく、数キロ走っては歩いてを繰り返していました。

無意識のうちに頭の中では、前日までの会社の合宿のせいで疲労が取れていないとか、今回充分に準備をして臨めていないせいだとか、様々な言い訳を考えては、自分を擁護していました。


残り5キロの地点を越えた辺りになると、周りのランナーも僕同様に苦しい顔をしていて、その姿を見た沿道の皆さんが必死に声を張って応援してくれていました。

そんな時、ふと沿道にプラカードを掲げた男性の姿が視界に入り、そこに力強く書かれたメッセージが僕の目に飛び込んできました。


「敵は己のみだ!!」


まさにこれ。

これが僕を走る事に向かわせてくれる原動力。

フルマラソンやトライアスロンは、誰に強制される訳もなく、自ら志願して出走するわけなので、出来た、出来なかったの良い訳は本来存在しません。
自分が今まで充分に努力をしたのか、諦めずに最後まで全力を尽くしたのか、否か。

これしかありません。

「走る」ことによって、最もシンプルだけども複雑な事を思い出させてくれ、気付かせてくれます。

だから、僕は走る事が好きだし、もっともっとチャレンジがしたいと思っています。弱い僕のハートを育ててくれるから。



残り5キロ地点でプラカードを掲げた男性からの激励を受けた僕は、その後の5キロは前半と同じキロ6分ペースで走り、見事目標タイムとしていた4時間30分を切ることが出来ました。

自分に負けていた自分が悔しかったです。

今回の経験は、また一皮向けるキッカケになったのではないかと思っています。事前準備の足りなさを痛感したし、自分の弱さから逃げている自分に気付く事が出来ました。

多分次は4時間切る事が出来ると思います。

最後になりましたが、今回も様々な場所で応援してくださった方々、ありがとうございました!
また、エキサイティングなチャレンジをしますので、そのときはまた温かい目で見守ってください。
深謝!!

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。