スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益をもたらす「捨て駒」と単なる「捨て駒」

最近はめっきり打たなくなりましたが、僕は小学生の頃から親戚の叔父に将棋を教わり、正月に親戚一同集まった際には時間を忘れて将棋盤に向かっておりました。定石など知らない当時の僕は、何度挑戦しても勝てない叔父に憤慨し、幾度となく将棋盤をひっくり返したことでしょうか。。


将棋を嗜む方であればおわかりかと思いますが、将棋の一手には数ある選択肢のなかから選択した戦略的な意図があります。名人の羽生さんであれば、数十手先まで読んでいることでしょう。


そんな将棋の戦術に捨て駒というものがあります。
数十手先の狙いを実現するために、強固な砦に穴をあけるために、戦略的に相手に駒を取らせるのです。裏をとるってやつです。


これが成功すると、最初は苦しい局面に立たされたかのように思われますが、とあるタイミングで形成逆転のキラーパンチが入り一気に相手の陣内を崩壊することができるようになるのです。プロの世界でも周囲の人間皆がミスだと思っていた一手が、実はとんでもない戦略的な一手で、皆をアッと言わせる事もあるそうです。


ビジネスにおいても「捨て駒」に似た戦略があります。
それが、クリスアンダーソン著「フリー」で主張された「フリーミアム戦略」です。

Google、クックパット、DeNA、Facebookなどが展開するサービスは今や誰もが知っていて、一度は利用したことがあるのではないでしょうか?上記の企業に共通して言えることは、消費者はタダで使えるのに、企業自体は高い売上高を誇っている点です。

GoogleのクックCEOが謳う最大化戦略は、情報市場における分配の限界費用はゼロなので、インターネット広告の収益を増やすために、無料でサービスを展開し、とにかくユーザー数を増やすというものです。

他にも、DeNAが展開するモバゲーは多くのゲームをコンシューマーに提供していますが、そのほとんどは無料で遊ぶことが出来、ゲーム内で利用するアイテム等を買うために少額課金を促すモデルを軸に、今ではグループ全体で1、500億円の売上に至るまで成長しました。

このように、現代のビジネス界では、まずはタダでサービスを提供したり、一部の有料ユーザーのみの収益源で稼いだり、あるいは広告主などの第三者からお金をいただくモデルが当たり前になりつつあります。(将来的には世の中にある全てのサービスが無料で提供されるようになると言われることも・・。)

消費者にとっては素晴らしい世の中のように感じますが、ビジネスを興そうと思う側からするとメリット・デメリット両方ありそうです。

まず、メリットは色んなサービスを無料で活用することができるため、各産業の参入障壁が下がり、ビジネスを興しやすくなります。

一方でデメリットは、世の中のあらゆるサービスの無料化が進むと、今までその領域でビジネスをしていたモデルが崩れていく危険性があります。特には、情報の非対称性を強みとしてきた隙間産業は間違いなく変革を迫られます。
また常に新規参入の脅威に苛まれ、激しいシェア(ユーザーの奪い合い)争いが起こります。
現に、数年前まで一世を風靡していた日系のSNSサイトからFacebookやTwitterに移行したユーザーは多いことでしょう。

要は、盤石なプラットフォーマーにならない限りは、栄枯盛衰を繰り返す事になるのです。

だからこそ、将来のプラットフォーマーを目標とした戦略を策定する必要性があるのです。


既に定石化した捨て駒を打っていては、手の内が相手にバレているためうまくいきません。
現代の社会でこれから100億、1、000億円のビジネスを目指すならば、羽生さんのように周囲をアッと驚かすような「捨て駒」を打たなければなりませんね。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。