スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起業家のバイブル本「HARD THINGS」を読んでみて

最近巷で有名な「HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか」を知人から"経営者の必読書"だと勧められ、早速手に取ってみました。

本書はシリコンバレーで注目されるベンチャーキャピタル(VC)のひとつであるアンドリーセン・ホロウィッツの創業者ベン・ホロウィッツが書いた一冊で、起業家として様々な困難(Hard things)に直面した著者が、当時の様子や心情を臨場感溢れるタッチで書き綴っており、我々の視点では見えにくい成功者の裏側を知ることが出来ます。

成功と挫折の両極点を経験した著者が考えるリーダーの資質の中に「正しい野心」という要素があります。ビジョンの実現に向けて野心的でありながらも、利己的ではなく、周囲の人々がついていきたいと思う人格、人間性。周囲が賢明であればあるほどリーダーの考えや行動を観察しているため、また著者自身の原体験が「正しい野心」の必要性を物語っているのでしょう。

マルクスは「人生は苦闘」だと称しましたが、苦闘や困難を乗り越えるからこそ楽しく、また人としての”らしさ”の重要性に気付けるのかもしれませんね。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。