スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「21世紀型のはたらく」〜"組織"から"個"の時代へ〜

上下都市

■21世紀型の"はたらく"とは?

人々の働く環境は、組織の中で正社員として定年を迎える時代から、個が自身のキャリアに責任を持ち、場所や箱、時間に縛られることなくスキルやノウハウの対価として報酬をもらう時代に突入しています。


これは、21世紀の社会が"組織"の時代から"個"の時代、"所有"の時代から"利用"の時代へと変化を遂げている事象の表れです。しかしながら、現在の労働市場において場所や箱、時間に縛られることなく専門性を活かした仕事のできる、専門性を磨くことのできる環境は乏しいのが実態です。


一方で、人材を採用する側の企業はというと、資本力を有する大手企業に優秀な人材が集まりがちで、日本の99.7%を占める中小企業には採用ニーズはあっても人材を獲得できない、ゆえに事業衰退に追いやられる事象が散見されます。また、大きくなり過ぎた組織においては過去の成功体験や1をnにする活動に固執する結果、イノベーションのジレンマが生じやすく、外部の知見や経験を取り込むオープンイノベーションの必要性が世界的に囁かれています。


そして、今後、(ほぼ間違いなく)人口統計の予測通り労働人口が減少し、超高齢社会に突入する世界の先進国では、高齢化による定年後の人生長期化、医療費、社会保障費の高騰、国家レベルでの財政破綻の危機がすぐそこにまで迫っています。


■どうすれば良いのか?

上記課題を解決するためには21世紀にふさわしい働き方、21世紀にふさわしい会社経営、21世紀にふさわしい社会構造を実現させるためのプラットフォームをつくり、Work 3.0のインフラを世界規模で創造して行く必要性があります。会社や場所、時間、年齢、性別、国籍に関係なく専門性を活かして働く環境を整備することが、継続的な社会の成長を実現できる道だと考えています。そして、デジタルの進化と共に、単純な知的労働需要は機械に取って代わられる一方、人にしか提供できない専門性の高い仕事を今後も追求し、創造していくことが、次世代の資本主義社会において必要な革新であり、今挑むべき社会的課題ではないでしょうか?


"人とお金の流通革命を通じて、次世代型資本主義をつくる"。本ミッションのもと、上記課題の解決を実現させるべく世界的なプラットフォーム作りに挑んでいるベンチャー企業があります。

それが、
株式会社Growther(私が代表を務めておりますw)です。

同じ想い、同じ使命感を持って社会に挑む、創業期の大事な仲間の参画をお待ちしています。
共に未来の社会をつくる仕事をしませんか?

興味のある方は是非、私まで直接ご一報ください!!

Facebook: 姜 大成
Twitter: daseongkang
姜 大成について:https://an-life.jp/article/632
Bizlinkについて:http://thebridge.jp/2015/09/bizlink

※自社のPR記事でした!応援、よろしくお願いします!!笑

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。