スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「沈まぬ太陽」観てきました。

先日、友人からお勧めされた、山崎豊子さん原作の映画「沈まぬ太陽」を観てきました。


この作品は、長編小説を映画化したという事あって、上映時間が3時間22分(10分休憩あり)もあります。


なので、時間や、体力、集中力の折り合いから、なかなか「観よう」と決心する事が出来なかったのですが、大学時代の教授が小説「沈まぬ太陽」にハマっていたのを思いだし、意を決して観にいく事が出来ました。



「沈まぬ太陽」は、実際に1985年に起きた日本航空機墜落事故(乗員乗客524名、うち死者520名、生存者4名)を題材とし、日本航空側の視点から腐敗した企業倫理、社会倫理の不条理を訴えた作品だと僕は思います。
(作品の概略はウィキペディア等を見ていただければ、更にわかるので、ここではこのぐらいにしておきます。w)


映画を見て感じた事は、大きく二つあります。


まず一つは、俳優渡辺謙さんの「表現力」


ご承知の通り「沈まぬ太陽」の主人公恩地元を演じるのは、日本が誇る、俳優渡辺謙さんです。

映画を観ながら、演技という面で他のキャストと渡辺謙さんとを比較すると、明らかに違うなと感じました。

その最大の要因は「表情の豊かさ」にあると思います。

渡辺謙さんの表情は言葉以上に、その瞬間瞬間の恩地元の感情を表しています。

なので、「今の表情は、納得していないな」「今の発言は、実は少し弱気なんじゃないかな?」という想像を観る者に抱かせてくれます。

これが俳優渡辺謙が世界的に認められが所以なんでしょうかね。

「演じるって、深いなぁ」と考えさせられました。



次に、作品の内容から、「働く」とは何なのか、「生きる」とは何なのかを考えさせられました。

作品の中で、波に逆らいながらも信念を貫き通す人間と、波に乗って利益追求の為だけに突き進む人間という、価値観の相反する人間関係が描写されています。

「企業の為に」 「金の為に」

「人の為に」 「自分の為に」

「人類の為に」 「名誉の為に」・・・

人々が社会を発展させていく事によって、この様な様々な価値観があらわれ、行き交う様になりました。

そんな社会の中で、価値観の違いから対立し、争いが生まれています。

「働く」「生きる」という、僕らにとって最も身近な事柄を、もっと追究しなければいけないと思いました・・・。


最後に、僕が最も心に残ったシーン。

映画の最後の最後に、見渡す限り地平線のアフリカの広大な大地の先に、真っ赤に燃える太陽が煌煌と輝いているカットがあります。

その、あまりにもシンプルで壮大なカットを見ていると、社会の不条理や、矛盾といったものが全て飛んでいってしまった様な気がし、しばらく目を離す事が出来ませんでした。

映像であるにもかかわらず、心から「綺麗」と感じました。

いつかは自身の目で、あの太陽を眺めたいなぁと思います。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。