スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話教室に通い始めました。

以前、タイムマネージメントをする上で、非常に有効な管理方法であるマトリックス分析を紹介しました。


バックナンバー→http://s78.biz/k/tien


時間管理というテーマでのマトリックス分析の結果、僕自身が考える未来の投資となる緊急ではないが重要なタスクに、堂々の1位として君臨しつづける強者がいました。


それは、「英語の勉強」


今年も幾度となくチャレンジするも(月1冊ペースでの洋書の購読、通勤中&ランニング中のリスニング・・・etc)続けることが出来ず、失敗に終わっていました。
しかし、2009年も終わりに近づき、今年の年間目標のうち「未達成」項目を出してしまうのか悩んだ末、遂に大きな前進となる行動を起こす事が出来ました!


それは・・・。


”今月から、人生初となる英会話教室に通い始めました”


実を言うと、僕は英語にコンプレックスを感じています。
中学校時代の反抗期に、英語の先生が嫌いというだけの理由で授業中のほとんどを落書き時間に回していました。
その結果、気付いた頃には授業のペースに着いていけなくなり、今日まで中1レベルの英語能力でどうにかこうにか誤魔化しながら生きてきました。
(なんせ、英検3級の筆記は受かっても、面接で落ちるぐらいですから・・・。)


しかし、英語の必要性は十分に感じていたので、何度もトライしました。が、コンプレックスからの拒否反応が起きて、習慣化することが出来ないという、自身にとって最大の課題となっていたのです。


そんなとき、夢を抱いて空港で働く知人との話から刺激を受け、今まではるか遠い存在に感じていた”英会話教室”に通ってみようと思い立ったのです。


確かに、”英会話教室”は料金もなかなかします(ボーナスが消えていきました・・・。w)が、それを上回るメリットがあると思います。


大きくは以下の3つだと思っています。


一つ目は、外部的刺激
複数人参加型のグループレッスンを受けると、自分が英語を喋れない事に対して物凄く羞恥心を抱きます。(僕はあまりに酷いので物凄く恥ずかしかったです。)すると、「恥をかきたくないからもっと勉強しよう」とモチベーションを掻き立ててくれるのです。


二つ目は、強制力が働く
授業は質問、説明といった全てが英語で展開されるので、否が応でも英語の知識が必要になります。なので、わからない言葉に対して非常に執着することが出来るのです。また、次回の授業までの課題と予習を必ずやらないと、授業に着いていけず、高い出費をドブに捨てる事になるので、必死になれます。


最後に三つ目は、楽しい(これが一番)
クラスはレベルごとに分けられているので、周りの方々と一緒に成長する事が出来ます。同じ目標を抱いてる方々と共に成長していくというのは、非常にexcitingなことだと思います。なにより、楽しいと感じられるほど伸びるのも早いですもんね



英会話教室のカウンセラーの方と今後の打ち合わせをした結果、TOEIC820点というはるか彼方のような目標を立てて下さいました。(半ば強引に。www)
でも、新たな目標が出来たからには、達成できる様に日々努力していきます!


さぁ、楽しくなってきました♪



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。