スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「守・破・離」という教え

初めて、4時起き実践してみました。

これだけ朝に時間があると良いですね。

集中力も朝の方が高いし、時間を無駄遣いしないし。

とりあえず今度「4時起きで、全てが上手く回りだす」(池田 千恵著)読んでみます。


さて、今日は一つの心得を紹介します。


それは、武道の教えである「守・破・離」について。

「守・破・離」とは、稽古を積む課程、すなわち修行における順序を表す言葉で、独自の境地を拓く、道す

じとして、師の流儀を習い、励み、他流をも学ぶことを重視した教えです。

 一般的には、「守」は、師についてその流儀を習い、その流儀を守って励むこと、

「破」は、師の流儀を極めた後に他流をも研究すること、「離」は、自己の研究を集

大成し、独自の境地を拓いて一流を編み出すこととして説明されます。


この教えは武道だけでは無く、人生のあらゆる場面で意識的に行う必要があります。

例えば、サッカーならば、ロナウジーニョ、メッシのドリブルを真似したりしますよね。

ギターも最初はコピーを幾度も繰り返し、その結果やっと自分の味が出せるようになってきます。

将棋だって、定石を学ばなければ一定水準の強さに至る事は難しいです。

更に言うならば、人は赤ちゃんから大人に至るまで常に人の真似をしながら成長していきます。



この様に、人は「真似」をして徐々に学んでいく生き物です。

そんなの当たり前だ!って思うかもしれませんが、当たり前の事を意識的に行うかどうかで、成長の度合いに大きな差が生じると思う訳です。



それが顕著に表れたのが中国。

中国は昔から色んなものを先進国の真似(コピー、偽物)をして作り、販売してきました。

その結果、技術は先進国に追いつき、今に至っては「破」「離」の段階に達しています。

武道では師のもので「守」を徹底し、「破」「離」に至る事によって、師を凌ぐ力を得る事ができます。

現時点のグローバル視点で、日本と中国のどちらに注目が集まっているかを考えれば、その効果は一目瞭然です。



「守」を意識的に行うと技術、スキルもさることながら、精神面も師とする人物に近付き、その視点から物事を観る事が出来るようになります。

それが、「破」を生み、「離」(オリジナル性)に至ります。

だから、常にメンターとなる師を掲げ、まず「守」を徹底的に行うわなければなりません。(特に若いうちは)



これからも、「守・破・離」を意識し、その先のオリジナリティ、オンリー1を目指していきたいと思います。

時間ギリギリ!(汗)

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。