スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年3月総括

1.読書:7冊
※以下読み終えた順序で紹介
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
(2001/06/27)
ロバート キヨサキ

商品詳細を見る


竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)
(1998/10/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


仕事力10倍アップのロジカル・シンキング入門 -超実践・ビジネス思考術-(Mainichi Business Books)仕事力10倍アップのロジカル・シンキング入門 -超実践・ビジネス思考術-(Mainichi Business Books)
(2008/07/31)
村沢 義久

商品詳細を見る


The Adventures of Tom Sawyer (Penguin Classics)The Adventures of Tom Sawyer (Penguin Classics)
(2006/02/28)
Mark Twain

商品詳細を見る


11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業
(2010/03/19)
田口智隆

商品詳細を見る


金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン
(2006/11/10)
ロバート・キヨサキシャロン・レクター

商品詳細を見る


竜馬がゆく〈7〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈7〉 (文春文庫)
(1998/10/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


・評価、反省、課題
~消化冊数はそれ程多くないものの、内容の濃い本を重読出来たので良し。
中でも、洋書を読む事を習慣づける事が出来たのが最大の成果。

2.RUN
月間走行距離→63キロ
回数→8回
自己記録更新→無し
大会→無し

・評価、反省、課題
~疎かになってしまった。忙しくても習慣をこなせるようになろうと思う。

3.Blog更新
回数→6回

・評価、反省、課題
~この期間、Blogを書く事についても色々と考えていたので大分回数は少なくなってしまった。
しかし、良い習慣は何があっても続けるべきだと思うので今後も書き続けたいとは思う。

4.English
~3月は朝活の殆どを英語勉強に回した。その結果、洋書をどうにかこうにか読めるようになったので今後も朝の時間を有効活用していこうと思う。目指すは1年間でTOEIC点数700点オーバーに達する事。

終わりに
3月は忙しさを理由に習慣の崩れが見られました。結局のところ、時間そのもののよりも自分のモチベーションに原因があると思うので、4月からまた新たな気持ちで習慣をコツコツこなし、日々成長していこうと思います。
※4月から職場も変わり、これから少しバタバタするので、落ち着いたらゆっくり社会人1年目を振り返ろうと思います。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。