スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車の免許を取得する為に、一番大事なのは何だと思いますか?

Q:車の免許を取得する為に、一番大事なのは何だと思いますか?

この質問は、以前とある知人から問われたQuestionです。
皆さんなら、この問いに何と答えますか?

・お金
・時間
・運転スキル
・交通ルールに対する知識
・思いやりの心
・冷静な判断能力  etc

いずれも免許を取得する為には、必要不可欠な要素ではあります。

しかし、その知人の答えは違いました。
本質的に必要なのは二つだと言うのです。
それは…


閑話休題


僕が好きな言葉にこんな言葉があります。

”あなたの思考を観察しなさい。それは言葉になります。
 あなたの言葉を観察しなさい。それは行動になります。
 あなたの行動を観察しなさい。それは習慣になります。
 あなたの習慣を観察しなさい。それは性格になります。
 あなたの性格を観察しなさい。それは運命になります。”
フランク・アウトロー


今、世の中にはハウトゥ―本と呼称される本が蔓延り、ビジネスマンの間で活況を帯びています。
しかし、俗に言う見識の高い方々の多くはハウトゥ―本を敬遠し、中には全くもって無意味だと苦言を呈する方までいるのです。
そして、その意は前述した言葉に隠されていると思います。

行動の本質は思考にある
ハウトゥ―本を読んで実際に行動に移す方はほんの僅かしかいません。
大抵の方は読むだけ読み、自分には無理だと決め付け行動には移さないのです。
そして、実際に行動に移した僅かな方のうち、三日坊主で終わらずに習慣化する事が出来る方は更に一握り、否、一つまみしか存在しません。
それは何故かというと、ハウトゥー本に沿って行動だけ起こしても心のベクトルが同じ方向を向かない限り、よっぽど強い精神力で無理矢理ベクトルを向かせる以外方法は無いからです。
しかし、強い使命感や切羽詰まる圧力が無い限り、無理強いでベクトルを向かせる程の気力は持ち合わせていないのが普通です。
よって、三日坊主で終わってしまうといった結果が露呈されるのです。



僕が好きな本に”思考は現実化する”(ナポレオンヒル)という本があります。

日々強い信念ある思考を持ち続ければ、必ず達成する事が出来る。
強い信念ある目標は、行動を生みだし、習慣を築く。


成功者と呼ばれる人々の共通点は、絶対に成し遂げたい目標を抱き、そして、必ず達成する事が出来ると信じて疑わなかった事です。
偉大な革命家も同じです。


よく、”行動が全て””とにかく行動”といった言葉を耳にします。
これに僕は反対だ!と言っているのではありません。
リスクを恐れて行動しないのは、一本道の遥か先まで全ての信号が青になるのを待っているようなもの。
ゆっくりでも、手さぐりにでも行動し始めるのが正解だと思います。
しかし、思考の定まらない、目標の定まらない行動は効率が悪いと思うのです。
富士山の頂上に行きたいのに、高尾山を一生懸命登ったって残念ながら辿り着く事はありません。
まずは、目標を確認し、ルートを選び、あとはひたすらに登り続けるしか無いのです。



以前、知人に車の免許を取得する為に、一番大事なのは何だと思う?と聞かれました。

その知人の答えは二つでした。

必ず運転出来るようになりたいとう強い心と、運転出来るようにする為に教えてくれる教官


終わりに
僕はまだまだ未熟な若造ではありますが、今日まで人生を歩み思考錯誤した結果、世の中の物事の殆どは運転免許取得のような物だという事を学びました。
一番大事なのは、目標を達成したい!といった揺ぎ無い信念と、自分より幾分前に進んでいるメンターを見つける事。
一度しか無い限りある人生において、何かしら大きな事を成したいのであれば、効率良く進まなければなりません。
孫正義社長がスピーチで仰っていた、”どの山を登るのかを決める事によって人生の半分は決まる”という言葉。
この言葉を聞いて、その選択の為に時間を費やすのも悪い事では無いと思えるようになりました。
まさに、今がその時期。

常に、自身の本名である「大成」(大きな事を成す人間、大い成る人間)になる事を目標にどの山を登るか熟考しようと思います。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。