スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年4月総括

1.読書:6冊
※以下読み終えた順序で紹介

The Little PrinceThe Little Prince
(2009/10/12)
Antoine de Saint-Exupery

商品詳細を見る


実践するドラッカー【思考編】実践するドラッカー【思考編】
(2010/01/29)
佐藤 等[編著]

商品詳細を見る


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る


ふしぎの国のアリス [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックスふしぎの国のアリス [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックス
(1999/06/01)
ルイス キャロル

商品詳細を見る


本気ではじめる大人の勉強法本気ではじめる大人の勉強法
(2004/01/19)
西山 昭彦

商品詳細を見る


竜馬がゆく〈8〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈8〉 (文春文庫)
(1998/10/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


・評価、反省、課題
~洋書を2冊読む事が出来たのは成果。
しかし、全体的にもっと読むことが出来た筈だし、隙間時間を有効活用出来なかった事に反省。
今年に入ってまだ30冊程度しか読めていないので、今後ペースアップしようと思う。

2.RUN
月間走行距離→42キロ
回数→6回
自己記録更新→無し


・評価、反省、課題
~習慣の乱れに深く反省。要因は多々あるが、一番は自身の精神面での弱さが露呈した結果。2010年も3分の1を消化したので、この節目に改善しようと思う。

3.Blog更新
回数→5回

・評価、反省、課題
~同じく、反省。他の事をやりだすと、どうしても緊急では無いが重要な習慣を削ってしまう。どんな事があってもやると決めたらやりぬく精神を培おうと思う。

4.English
~先月と同じく早朝、仕事後の時間を英語勉強に費やす事が出来た。特に、洋書を2冊読み切る事が出来たのは僕にとっては大きな成果。今後も習慣的に勉強し続けようと思う。
※最近、酔っぱらうと必ず外人に英語で話しかけるようになった。苦笑

終わりに
4月は反省する事ばかりの月となってしまいました。原因は、恐らく長期的な目標(理想)ラインが低下してしまった事にあります。今までは目標と現実の乖離が大きな動機となり、日々体を酷使してまで努力することが出来ました。しかし、一旦、目標値を現実味に帯びたラインまで引き下げると、そこまで無理する必要性を感じなくなり、緊急では無いが重要なタスクをどんどん削ってしまいました。
この結果を良い経験とし、もう一度目標の確認、理想の明確化を図りたいと思います。
そして、2010年も3分の1が過ぎたので、また新たな気持ちで日々My wayを歩いてゆきたいと思います。

Keep walking!!

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。