スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチロー選手と石川遼選手の共通点

”人生は短い。だから、他人の価値観で生きないで欲しい”スティーブ・ジョブズ


僕は社会の歯車として日々過ごしながらも、未来の目標を見据えて毎日暮らしています。
しかし、果ての見えない山を登るのはとてつもない労力を必要とし、時には休んだり、横道にそれたり、下山を試みる事もあります。
それでも、世の中には険しい山道をコツコツ登り、物凄く高い所まで昇りつめている方々がいます。
その様な人々には、ある共通点が存在するのです。


今日は、高い山を登り、更なる上をひたすらに登り続けている二人の小学生時代の作文を紹介します。

「僕の夢」
小学校6年生鈴木一朗

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。 僕は三才の時から練習を
始めています。 三才から七才では半年くらいやっていましたが、三年生の
時から今までは三百六十五日中三百六十日は激しい練習をやっています。

だから、一週間中で友達と遊べる時間は五、六時間です。 そんなに練習を
やっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。 そして、その
球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。 ドラフト一位で契約金は
一億円以上が目標です。 僕が自信のあるのは投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。 そして、ほとんどの投手を見
てきましたが自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会四
試合のうちホームラン三本を打てました。 そして、全体を通した打率は五
割八分三厘でした。 このように自分でも納得のいく成績でした。 そして、
僕たちは一年間負け知らずで野球ができました。 だから、この調子でこれ
からもがんばります。 そして、僕が一流の選手になって試合に出られるよ
うになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢
の一つです。 とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。



プロゴルファー 石川遼選手の小学校6年生時の作文 ( 卒業文集 )

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後…高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。
八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

これを目標にしてがんばります。マスターズ優勝はぼくの夢です。
それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。
でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。
みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。
ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば……」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。
来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。

今は優勝とか関係ありません。
中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。
高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。
その試合で世界から注目される選手になりたいです。
ぼくは勝てない試合には今は出ません。
ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。



如何でしょうか?
正直、僕が初めてこの作文を目にした時は、驚愕しました。
自分の子供の頃の作文と見比べると尚更です・・・。


この二つの作文を見てもわかる通り、野球のイチロー選手とゴルフの石川遼選手にはあらゆる共通点が存在します。

それをまとめると、

一、長期的な目標を必ず達成させたい、信念
二、必ず達成できるといった、自信
三、上記の二つをもとに、ひたすら努力


この三つ、全てが欠ける事無く、持続出来れば必ず険しい山も登り続ける事が出来ると思います。
逆に、信念が欠けていたり、信念はあって努力はするけど自信が無かったり、信念と自信はあるけど実際に行動に移せなければ、目標を達成する事は出来ません。


まさに、童話カメとウサギのカメのようになれ!という事です。
カメがウサギに勝てた理由は、ウサギに勝つ!では無く、常にゴール(山頂)を見据え、自信を持ち、ひたすらに歩を進めたからです。
世の中の人々の殆どはウサギのように、どこかで休憩してしまいます。
いくら短期的な飛躍を見せても、最後に上回るのはカメのように愚直に日々歩を進めた人間です。
だからこそ、僕もカメのように、歩は遅くとも愚直に日々前へ前へ進んでいきます。


Keep walking!!!(マザーハウス社長、山口絵里子さんから頂いたメッセージ)

トラックバック

コメント

よいトピックスだねー。
GREEから観に来たよ~。
この2人を比較材料に挙げているあたり、
すばらしいと思ったー。わかりやすいっ。
私がプラスして思ったのは
☆2人とも現状を的確に分析している
☆目標が段階的である
この2つかな。
  • 2010-06-11│10:38 |
  • はる URL│
  • [edit]
はるさん、こっちにもコメントありがとうございます!
小学六年の頃の作文なんか「社長になる!」程度のレベルだったので、彼等には脱帽ですよ(-。-;
自分の正確な現状把握、段階的且つ明確な目標。凄くSMARTですよね!
  • 2010-06-11│12:52 |
  • Daesongkang URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

姜 大成

Author:姜 大成
姜 大成 / Daesong kang Age:28
株式会社Growther 代表取締役
相談型クラウドサービス"Bizlink" : http://bizlink.io/
Growther HP : http://growther.co.jp/
カネとヒトの流通革命を通じて、100億ドル規模の事業を創り、新しい資本主義社会の形成を実現させる。

大学に入るまで一冊も本を読了したことが無いほどの勉強嫌いから、不治の病にかかり入院生活を送った経験、家業の突然の衰退をキッカケに一転して勉学に目覚め、大学時代には3ヶ月間独学で「宅建」を取得し、年間一大行事の論文大会では大学創立以来初の年間3回論文賞受賞を達成。

大学卒業後、某銀行に入社。その間、リーマンショックの煽りを受け、父親の経営する会社が倒産をし、日中は銀行員として融資先の借金返済を迫り、自宅に帰ると借金取りに自宅を囲われる生活を送る。その際に家族が殆どの財産を失う経験をし、銀行の機能では中小企業を救えないことを身をもって経験。

中小企業の倒産をアドバイザーという立ち位置で救いたい一心で、人材大手インテリジェンスの顧問事業立ち上げに営業兼コンサルタントとして参画。年間200社の経営者を新規訪問し、経営改善をするため顧問の活用を提案。入社4ヶ月目には初のトップセールス→2年目後半からは売上トップを維持→最年少リーダー兼ボードメンバーへの参画を担う。インテリジェンス社員5,000名強の内、トップ20名のみが参加可能な海外研修にも選抜。

2015年5月にインテリジェンスを退職し、株式会社Growtherを創業。

生まれた世代所得によって人生のほとんどが決まってしまう世界から、所得に関係なく機会をつかめる世界、本当の成長を喜び、幸せに感じられる社会を目指して、事業を推進しております。

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。